エラを改善しよう|目頭切開や埋没法でパッチリ二重|美容整形で大変身
女の人

目頭切開や埋没法でパッチリ二重|美容整形で大変身

エラを改善しよう

婦人

エラの張りを改善する整形術には、大きく分けて2種類の方法があります。エラの骨を削るという手術と、エラの筋肉を弛緩させるというボトックス注射です。どちらの整形術でも、エラの張りをなくし、フェイスラインをすっきりとさせることができます。 ただし、骨を削る場合には入院が必要になる場合が多いですし、手術後には腫れや痛みが生じます。ダウンタイムは1〜2週間ほど続くのですが、しかしそれが終われば、効果は半永久的に持続することになります。 ボトックス注射の場合は、施術時間が短く、ダウンタイムもほとんどありません。しかし効果が半年ほどで切れてしまう場合が多く、再度の施術が必要になります。 つまりどちらの整形術にも、長所と短所とがあるということです。したがってそれをしっかり考慮した上で、どちらを選択するか決めることが大事です。

上記の整形術によってエラの張りが改善されれば、フェイスラインが滑らかになるだけでなく、目が大きく見えるようになります。エラの張りがなくなると顔の幅が狭くなるので、その分目元が目立つようになるのです。つまり小顔効果が得られるということです。エラによって引っ張られていた肌が一時的にたるみますが、それは徐々に縮んで、目立たなくなっていきます。 さらに、顎の負担が減ることで、噛みあわせが良くなったり歯ぎしりをしなくなったりする場合も多いです。それにより、肩こりや頭痛が改善されるケースもあります。 このように、エラの張りをなくすことには、多くのメリットがあるのです。そのため美容目的だけでなく健康のためにも、エラの整形術を希望する人は多くいます。